カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声
 

天然水とミネラルウォーターの違い

天然水とミネラルウォーターの違いについて

今の時代は、昔と違い、お金を出して「水」を購入する時代です。
その理由としては、その水が美味しいこともありますが、健康という観点からも身体に良いという点が挙げられるからです。
そして水にも種類があり、「天然水」や「ミネラルウォーター」などがあります。
天然水とミネラルウォーターは同じではないのかと、疑問に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
確かに、天然水とミネラルウォーターは、どちらも共に地下に蓄えられた水を原水とした飲料水ではありますが、その天然水とミネラルウォーターは、処理方法がまったく異なっており、また水の品質にも違いがあるのです。
こちらでは、その天然水とミネラルウォーターの違いについてご紹介をさせて頂きます。


まず、天然水とミネラルウォーターの最も違う点は、採水後の処理方法です。
ミネラルウォーターの場合、沈殿や過熱殺菌、ろ過の他、紫外線殺菌やオゾン殺菌などを行い、徹底的に不純物を除去します。
一方、天然水の場合は、地下水を採水後、過熱殺菌をはじめ、ろ過や沈殿によって処理を行います。
また、ミネラルウォーターの場合だと、処理後に各種ミネラル分を調整・ブレンドするため、製品中のミネラルは天然ミネラルとはまったく異なってきます。
そして、天然水とミネラルウォーターは処理方法の違いにより、それぞれに特徴があります。



ミネラルウォーターは、化学処理によって、殺菌・脱臭を行っているため、安全性に優れているのが特徴的なのですが、その処理作業時に天然のミネラル成分が失われてしまうため、天然のミネラルとは別に、他のミネラル成分を配合する必要性があります。
一方の天然水は、沈殿・過熱殺菌・ろ過のみしか行わないので、採水時のミネラルをそのまま含有することが可能であり、天然水本来の味わいを堪能することができるのです。
健康の観点から考え、天然水とミネラルウォーターを飲む場合は、天然のミネラルを身体に吸収することができる天然水を飲むのが良いと言えるでしょう。
当店では、天然ミネラルを豊富に含んだ天然水の販売をしています。
健康維持・美容サポートに役立ちますので、みなさんの生活に当店の天然水を取り入れてはいかがでしょうか。